7月 10, 2023

【IPHONE ケース】ベッドフォード 2023年秋冬コレクション – 追憶のエクリチュール

投稿者: onholdaudioads

IPHONE ケース

ベッドフォード(BED j.w. FORD)の2023年秋冬コレクションが、2023年2月8日(水)、東京代官山のリストランテASOにて発表されたiphone テン ケース

追憶の身振りをうつしだす

ベッドフォード 2023年秋冬コレクション - 追憶のエクリチュール|写真17

「twinkle twinkle little star」と題された今季のベッドフォードは、ある種のノスタルジーを帯びているように感じられるそこには、何か遠いものへの郷愁、それを手繰り寄せるおりに描かれる追憶の軌跡が、衣服の肌理として、あるいは震えとして反映されているのではなかろうか

ベッドフォード 2023年秋冬コレクション - 追憶のエクリチュール|写真20

ベッドフォードならではの流麗なテーラリングを活かしたジャケットは、畝のやや太いコーデュロイ素材を用い、シャープな雰囲気を抑えて温かくノスタルジックなムードに丈感は長く、ラペルの開きは深く設定し、重心を下げることで、洗練されたシルエットながらも抜け感をもたらすフレアシルエットのブーツカットパンツもまた、ジャケットの雰囲気に呼応する

ベッドフォード 2023年秋冬コレクション - 追憶のエクリチュール|写真14

こうしたノスタルジックな雰囲気は、コレクションを構成するそのほかのウェアにも底流している存在感あるボアコートには、フロントにベルトをデザインダウンベストはアノラック風のプルオーバー仕様で、フロントファスナーを斜めに配して総柄のトップスやパンツには、草花を図案化した室内装飾のような表情にあるいはマキシ丈のステンカラーコートには、穏やかに陰影を織りなす素材を採用している

ベッドフォード 2023年秋冬コレクション - 追憶のエクリチュール|写真11

ところで、冒頭に「追憶の軌跡」と記した白い紙の上に線を描くとき、その筆跡は流麗に脳裏のイメージを具現化し、あるいは震え、あるいは途切れて断絶を示す線を引く手の動きに、思考の過程が抗いようもなく反映されるのだ脳裏における働きがドローイングに具現化されるという意味で、線とは思考の、追憶の身振りにほかならない

ベッドフォード 2023年秋冬コレクション - 追憶のエクリチュール|写真18

今季のベッドフォードには、いわばこの追憶の身振りを見てとれるチェスターコートは、大きく設定したラペルの形状を流れるように流麗な曲線で描きとるシャツには曲線的なスリットを設け、レイヤリングを引き立てるハイ ブランド 手帳2023年春夏では、たとえばジャケットに林檎をモチーフとしたカットアウトを施していたが、翻って今季では、同じくカットの身振りを示しつつも、それをまとう身体の動きに呼応した衣服の震えをこそ引き立てている