7月 15, 2023

【ディオール 】【ディオール B23 偽物】2020SS ディオール スニーカー コピー マルチカラー“B23”ハイトップ 3SH118YTI_H265

投稿者: onholdaudioads

ディオール

【ディオール 】【ディオール B23 偽物】2020SS ディオール スニーカー コピー マルチカラー“B23”ハイトップ 3SH118YTI_H265

DIOR コピー トートバッグ直販必ず届く人気店舗2023年最新アイテム取り備えるディオール スーパーコピー 財布激安価格お買い得格安通販極美品DIOR 偽物 Tシャツ入手困難アイテムがたくさん買えるディオール 偽物Tシャツ品質保証信用できるサイト

【ディオール B23 偽物】2020SS ディオール スニーカー コピー マルチカラー“B23”ハイトップ 3SH118YTI_H265
■色:マルチカラー
■サイズ:40 – 45(25 – 30 cm)*ハーフサイズあり
■参考:3SH118YTI_H265
■仕様:
“ディオール Oblique(ディオール オブリーク)”デザインが特徴的な“B23”ハイトップ スニーカークラシックなスニーカーをスタイリッシュにアップデートしましたアイコニックなマルチカラーの“ディオール Oblique(ディオール オブリーク)”キャンバス素材を採用革新的なクリアメッシュケースで、プリント柄が透けて見えるハイトップ スニーカーホワイトのシューレースは、バックループとおそろいのカラー各ピースをつなぎ合わせたような脱構築的なデザインが特徴のホワイトのラバーソールを採用ソールの外側に“ディオール”のロゴをあしらいましたディオール 靴 コピー
マルチカラーの“ディオール Oblique(ディオール オブリーク)”プリント キャンバスのアッパー
ハイトップ シルエット
レースアップ仕様
パッド入りインソール
ホワイト ラバートゥ&ソール
サイドに“ディオール”ロゴ

ウェルデッド構造

【ディオール B23 偽物】2020SS ディオール スニーカー コピー マルチカラー“B23”ハイトップ 3SH118YTI_H265【ディオール B23 偽物】2020SS ディオール スニーカー コピー マルチカラー“B23”ハイトップ 3SH118YTI_H265【ディオール B23 偽物】2020SS ディオール スニーカー コピー マルチカラー“B23”ハイトップ 3SH118YTI_H265

【ディオール 】【ディオール B23 偽物】2020SS ディオール スニーカー コピー マルチカラー“B23”ハイトップ 3SH118YTI_H265

ケイタ マルヤマ(KEITA MARUYAMA)が、2014-15年秋冬コレクションを発表した

 

ブランド20周年をむかえる今季は「Boy meets Girl」と名付けられたデザイナーの丸山敬太はコレクションについて、「ニューヨークに住んでいるボーイッシュな男の子と、ロンドンに住んでいるガーリッシュな女の子というキャラクターを設定し、その子たちが出会うという物語の中でいろんなキーワードを立てていきました」と話す展開される服は、マスキュリンとフェミニンのどちらの要素も取り入れながら、ブランドらしい「和」のテイストが織り交ぜられている

 

アウターは、手首にファーをあしらったタータンチェックのノーカラーコート、アストラカンのような手触りのファーコートといった上品なものから、ビッグシルエットのフード付ウールコートや、モッズコート、ニットのジップアップコートなど、カジュアルでボーイッシュなものなどが登場する

コレクションでは、至るところに昭和や大正時代の雰囲気を感じさせるプリントやディテールが見られるディオール ハイヒール コピーニットカーディガンには、椿が愛らしく咲き乱れていたり、ワンピースにはレトロなフラワー柄を用いたりと、古風な可愛らしさをアピールまた「京都」はコレクションの中のキーワード繊細な総レースのドレスやスカートには、なんと五重塔やウグイスの模様が描かれている

とびきりエレガントなドレス2着も、受注オーダー商品として展開淡いピンクのドレスは、ティアードやフェザーが華やかでロマンティックな仕上がりにビジューがたっぷりあしらわれたカーディガンも、ドレッシーな着こなしを引き立てる

丸山はコレクションについて次のようにコメントした「“私の中の男の子”と“私の中の女の子”女性も男性も、誰しもが自分の中に2面性を持っているということが、一番のテーマです今年でブランドが20周年を迎えるのですが、これは僕の洋服のテーマであることに、改めて気づきましたメンズライクなもの、レディライクなものをミックスし、そこにあらゆる要素を織り交ぜることが、自分のコレクションづくりのベーシックだと思います原点回帰というわけではありませんが、20周年をむかえ、この先10年、20年先の新しいスタートを切る意味でも、今回のテーマがしっくりきました」